初めてでも分かる決済代行の仕組みと業者の選び方

>

決済代行サービス

幅広いキャッシュツールの取り扱い

web販売では、クレジットカードの次に決済方法として多く利用されているのがコンビニ振り込みです。
クレジットカードをあまり利用したくないという人やカードを持っていないという人でも利用することができるため、より多くの消費者へ利用してもらうためには必要な決済手段と言えます。
また、コンビニ決済での後払いの場合、未回収のリスクも考えられますが、決済代行会社によっては代金の支払いの立替を行ったり、支払い保証が付いていることもあります。

高齢者の利用が多いサイトでは口座振り込み決済がお勧めです。
従来は、注文時の名義と振込み時の名義の突合せなどにより入金消込の照合に時間が掛かっていましたが、その作業を自動化し、定期的に入金結果などをシステムへ送信してくれます。

さらに、オンラインゲームなどのデジタルコンテンツ販売の場合によく使われるプリペイド型電子マネーへの対応など様々な商品やサービスに合った方法が選べます。

売上管理を分かりやすくする

決済代行サービスは支払い方法を増やすだけでなく、売上管理システムの構築・保守にも役立ちます。
クレジット会社によって決済システムや入金サイクルが異なるため、それぞれのシステム立ち上げから管理までを行うとなると、かなりの時間と維持するためのコストが掛かります。

決済代行サービスを利用すれば、各支払い方法の管理システムを統一した売上管理専用システムを使用するため、それぞれ異なる入金サイクルをまとめることができ、売上管理が分かりやすくなります。

また、クレジット加盟店に課されるカード情報のセキュリティに関しても、大量のカード情報などを保持している場合はCSV形式などで代行会社へ預けることができるため、情報漏洩対策もできます。
決済代行業者から提供される支払いシステムを使用する場合は自らシステム開発や管理の必要がないため、ショップ立ち上げもスピーディーに行えるというメリットがあります。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る